痔の予防対策 痔の治し方 痔の薬

ドラッグストアで買えるいぼ痔や切れ痔の治療薬のおすすめ!市販薬でも痔は治る?

投稿日:2018年6月9日 更新日:

痔は非常にデリケートな悩みで、男性だけではなく女性の方もいぼ痔や切れ痔に悩まれている方が多くなります。

痔は恥ずかしい肛門の病気になりますので、なかなか肛門科などの病院に相談することができません。

また、痔と言えばすぐに手術をしないと治らないと思われている方も多いと思いますが、「痔の9割は手術不要で治すことができる」のです。

最近はドラッグストアでも痔の治療薬が市販されていますし、痔の症状が軽い場合は「生活習慣の改善」「漢方薬」の力ですっきり痔を治すことができるのです。

痔のために肛門科などの病院に相談するのは恥ずかしい、絶対にお尻を見せたくないと言う方はドラッグストアで手に入る痔の治療薬を通販して、自宅に居ながらセルフケアで痔を治してみてはいかがでしょうか?

そこで今回は、ドラッグストアで買えるいぼ痔や切れ痔の治療薬のおすすめをご紹介していきたいと思います。




いぼ痔や切れ痔の治療薬について

痔は「いぼ痔(痔核)・切れ痔(裂肛)・痔ろう」の3種類ありますが、この内いぼ痔と切れ痔は症状が軽い場合に限り生活習慣の改善と漢方薬、それから場合によっては塗り薬があれば治すことができます。

残念ながら痔ろうの場合は肛門科などの病院に相談して手術が必須になります。

痔ろうの原因や症状と治療方法について

痔は「痔核(いぼ痔)・裂肛(切れ痔)・痔ろう」と3種類ありますが、この中で最も治療が難しいと言われているのが「痔ろう」になります。 痔とは肛門や肛門周辺に起こる病気のことで、最も多くの方が悩まれている ...

続きを見る

痔は生活習慣病の一つと言われていて、生活習慣の見直しや食生活の改善、そこにプラスして漢方薬の力で血行促進や便秘改善を促すことで治すことができます。

場合によっては、「痔の治療薬(軟膏・クリーム・坐薬・内服薬)」があればさらに治りが早くなります。

生活習慣の改善で便秘や下痢便を改善することで、痔の症状は軽くなっていきますが、漢方薬の力で便秘解消を早め、血流を促進させることでさらに効率よく痔を治すことができるのです。

痔の主な原因は「便秘」や「下痢」、それから「血行不良」になりますので、まずは生活習慣の見直しでこれらを治すことが必要になります。

そして、さらに効率を上げる為に痔の治療薬があるのです。

ただし、注意してほしいことが「痔の治療薬だけで痔は治らない」と言うことになります。

先ほどから言っていますが、痔を治すためには生活習慣の改善が必要不可欠になります。

痔の治療薬はあくまでも補助的な役割で、「炎症を抑える」ことや「便をやわらかくする」などの症状を軽便させることが目的になりますので、痔の治療薬だけで完治することはないのです。

痔の治療薬の種類

痔の治療薬は、

  1. 塗り薬(軟膏・クリーム)
  2. 内服薬
  3. 坐薬
  4. 漢方薬

の4種類が基本になります。

これらの治療薬は、肛門科などの病院でも痔の種類や症状によって使い分けされます。

痔の症状が軽い場合には漢方薬だけの処方で、後は生活習慣の改善で様子を見る場合が多くなります。

それでは、痔の治療薬を種類別にみていきましょう。

①塗り薬(軟膏・クリーム)

いぼ痔や切れ痔の治療薬として最も一般的なものが「塗り薬」になります。

痔の塗り薬には「軟膏タイプ」のものと「クリームタイプ」のものがあり、直接患部に塗るタイプと肛門に挿入して薬を注入するタイプがあります。

いずれにしても、肛門の出口付近にできるいぼ痔や切れ痔の治療薬になります。

痔の塗り薬の効果効能について

痔の塗り薬の効果効能は、

  • 炎症を抑える
  • 痛み止め
  • 止血作用
  • 便が円滑に排泄されるようにし肛門の負担を軽減する

になります。

②内服薬

いぼ痔や切れ痔の治療で処方される内服薬は、便をやわらかくする「緩下剤」や、炎症を抑えてくれる「消炎剤」、それから細菌感染を防いでくれる「抗生物質」などになります。

痔の内服薬の効果効能について

痔の内服薬の効果効能は、

  • 炎症を抑える
  • 便をやわらかくする
  • 細菌感染を防いでくれる

になります。

③坐薬

痔の中でもいぼ痔(内痔核)の治療で処方されるのが「坐薬」になります。

内痔核は、肛門内部にできるいぼ痔になりますので塗り薬ではなく直接患部に届く坐薬が効果的になります。

ただし、肛門内部に挿入するため肛門の出口付近にできたいぼ痔や切れ痔に対しての効果は期待できません。

坐薬はあくまでも肛門内部にできる内痔核の治療薬と言うことになります。

痔の坐薬の効果効能について

痔の坐薬の効果効能は、

  • 炎症を抑える
  • 便止血作用
  • 痛み止め
  • 便が円滑に排泄されるようにし肛門の負担を軽減する

になります。

坐薬を使用する際の注意点

坐薬を使用する際の注意点としましては、

  • 手を清潔にする
  • 爪を短く切る
  • 挿入時は素早く(手の熱で溶ける)
  • 寝る前に使用する
  • 1日に1回(多くても2回まで)
  • ゆっくり挿入する
  • 肛門の中に完全に挿入する

になります。

坐薬の使用は1日に1回までが基本で、多くても2回までにしましょう。

それから、坐薬を挿入する際は必ず爪を短く切り手を清潔にした状態で挿入するようにしてください。

挿入時は慌てずゆっくり挿入し、最後まで坐薬が肛門内部に入り切ったことを確認してください。

ただし、手で長時間持っていると熱で溶けてきますのでご注意ください。

また、使用のタイミングは寝る前がおすすめで、寝ている間に坐薬が溶けて患部に薬の効果が浸透し、朝の排便時の肛門への負担が軽減されます。

④漢方薬

痔の治療で処方される漢方薬は、「便秘解消」「血行促進」などの目的で処方されます。

痔の症状が軽い場合は、生活習慣の改善と漢方薬だけでも十分痔を治すことができます。

痔の大きな原因は「便秘」「血行不良」になります。

特に女性の場合は、無理なダイエットをしがちでそれが原因で便秘になりやすくなります。

便秘になると、便が硬くなる上になかなか排便できなくなり、強くいきみ過ぎることで時になってしまうのです。

また、長時間座りっぱなしの方や立ちっぱなしの方は、血流が悪くなり肛門周辺の静脈叢がうっ血していぼ痔や切れ痔に繋がってしまいます。

これらの痔の原因である便秘や血行不良を改善してくれるのが漢方薬と言う訳なのです。

ですから、痔でお悩みの方はまずは漢方薬と生活習慣の改善でセルフケアを行ってみることをおすすめします。

漢方の力と生活習慣の改善でいぼ痔や切れ痔は治る!

生活習慣の改善などのセルフケアだけでもいぼ痔や切れ痔を治すことはできますが、治りが遅いため症状が悪化してしまう場合もあります。

しかし、生活習慣の改善に「漢方」の力をプラスすることでいぼ痔や切れ痔が改善しやすくなりますし、改善までのスピードが圧倒的に早くなります。

漢方では、痔は滞ってしまった「血(けつ)」と言い、「瘀血(おけつ)」が肛門にある状態と言われています。

この瘀血ができる原因はさまざまではありますが、主に血行不良や便秘が原因になります。

そこで、血の流れをよくしてうっ血を取り除き、キズの治りを早めて腫れを抑える漢方を服用すれば、いぼ痔や切れ痔を治すことができるのです。

乙字湯は「便秘解消効果」も非常に高いことから、痔の最大の原因である便秘も効率よく治すことができるのです。

その漢方こそが、江戸時代の日本人医師が作った「乙字湯(おつじとう)」と呼ばれる漢方薬なのです。

乙字湯の効果は、血流をよくして痔の原因であるうっ血や炎症を防いでくれ、便の通りをよくして排便時の痛みや圧迫を和らげてくれます。

しかも、筋肉の緊張を高めて中の痔が出てこないようにもしてくれるのです。

いぼ痔や切れ痔に効く乙字湯とは?

いぼ痔や切れ痔の改善に効果的な乙字湯とは、6種類の生薬を配合した漢方薬になります。

配合されている生薬成分は、

  • 当帰(とうき)・・・血行促進
  • 柴胡(さいこ)・・・神経の高ぶりを安定させる
  • 黄芩(おうごん)・・・炎症を抑える
  • 甘草(かんぞう)・・・痛みを和らげる
  • 升麻(しょうま)・・・化膿を防ぎ毒素を排出
  • 大黄(だいおう)・・・便をやわらかくする

になります。

これら6つの生薬成分が一つになった乙字湯で、いぼ痔や切れ痔を素早く治すことができます。

いぼ痔や切れ痔を治すのに効果的な乙字湯


いぼ痔を治したい、切れ痔を治したい、だけど病院に行くのは恥ずかしい・・・デリケートなその悩みも、もう我慢しなくていいんです!

乙字湯は6種類の生薬を配合した漢方薬で、血流を改善し傷の治りを早め、うっ血を取り腫れを抑えてくれます。

いぼ痔や切れ痔の悩みを素早く解決してくれ、痔の予防対策としても効果的な漢方薬になります。

また、切れ痔やいぼ痔だけではなく、「便秘解消」や脱肛にも作用しますので、病院で恥ずかしい思いをすることなく痔の悩みが解消されます。

通常価格 7,960円
初回特別価格 3,960円(50%OFF)
送料 無料
定期コース 2回目以降も12%OFFの6,960円
製造 日本製
内容量 2箱(朝夕1日2包で32日分)
支払い方法 クレジット・後払い(コンビニ・銀行・郵便局)

ドラッグストアで購入できるおすすめの痔の治療薬

前置きが少し長くなりましたが、いよいよドラッグストアで購入できる痔の治療薬をご紹介していきたいと思います。

なぜ痔の治療薬を後回しにしたのかと言いますと、痔は生活習慣の改善と漢方薬で治すことができるからになります。

痔の症状がつらい時は、治療薬で炎症を抑えたり便をやわらかくしたリできますので、必要な時に必要な治療薬を使用するようにしましょう。

また、以下ではアマゾンで販売されている治療薬を紹介していますが、定価よりも、ドラッグストアよりも安い販売価格になっています。

それに通販なので恥ずかしさも一切なく購入できますので、誰にも知られずに痔の治療薬を買いたいと言う方におすすめになります。

ドラッグストアで買える痔の塗り薬

ドラッグストアで買える痔の塗り薬をご紹介していきたいと思います。

上記でも言いましたが、痔の塗り薬は最も一般的な治療薬ではありますが、あくまでも炎症を抑えたり痛みを和らげる効果になりますので、塗り薬だけで痔が完治することはありませんのでご注意ください。

【指定第2類医薬品】ボラギノールA軟膏 20g

【指定第2類医薬品】プリザエース軟膏 15g

【指定第2類医薬品】オシリア 10g

ドラッグストアで買える痔の内服薬

ドラッグストアで買える痔の内服薬をご紹介していきたいと思います。

【第2類医薬品】内服ボラギノールEP 16包

【第2類医薬品】内服用ジーフォー 24錠

【第2類医薬品】サブスM 126錠

第2類医薬品】プリザ漢方内服薬 30包

ドラッグストアで買える痔の坐薬

ドラッグストアで買える痔の坐薬をご紹介していきたいと思います。

【指定第2類医薬品】ボラギノールA坐剤 10個

【指定第2類医薬品】プリザエース坐剤T 30個

【指定第2類医薬品】プリザS坐剤 30個

以上がドラッグストアで買える痔の治療薬になります。

市販されている痔の薬なので、わざわざ恥ずかしい思いをしてドラッグストアで買わなくても、アマゾンで定価よりも安く購入することができます。

何度も言いますが、痔の治療薬はあくまでも痔を治すための補助的な役割であり、痔が完治するものではありませんのでご注意ください。

痔を改善するためには、生活習慣の改善が必須で、便秘解消と血行促進が重要になります。

そのため、生活習慣の見直しと漢方薬の力で便秘解消と血行促進を意識した生活を心がけ、どうしても痛みがある時は痔の治療薬に頼るようにしましょう。

一般的に痔をセルフケアで治す場合に必要な期間は2~3ヶ月と言われています。

もし、3ヶ月間実践してみても痔が改善しない場合は肛門科での治療が必要になる可能性が高くなりますので、そのときは肛門科などの病院の診察を受けるようにしましょう。

いぼ痔の原因や症状とセルフケアで治す方法について

痔の中でも男女問わず圧倒的に多い症状が「いぼ痔(痔核)」になります。 いぼ痔は年配の男性がなる病気とイメージをお持ちの方も多いと思いますが、最近はいぼ痔に悩む女性の方が急増しています。 また、いぼ痔は ...

続きを見る

切れ痔の原因や症状とセルフケアで治す方法について

痔とは肛門や肛門周辺に起こる病気のことで、「いぼ痔(痔核)・切れ痔(裂肛)・痔ろう」の3つを合わせて痔と呼びます。 上記3種類の痔の中で最も患者数が多いのが「いぼ痔」で、次いで切れ痔になります。 いぼ ...

続きを見る

まとめ

いぼ痔や切れ痔の症状を和らげてくれる痔の治療薬はドラッグストアで購入することができます。

ただし、注意してほしいのですが、痔の治療薬はあくまでも炎症や痛みなどの症状を和らげたり、便が円滑に排泄されるようにし肛門の負担を軽減するための薬になりますので、痔の治療薬だけでいぼ痔や切れ痔は完治しません。

痔を根本から改善する為には、生活習慣の見直しが大切になります。

また、痔の大きな原因と言われる便秘や血行不良を改善しないと、痔は何度でも再発してしまいます。

そのため、痔を根本から治すためにも、痔の再発を防ぐためにも漢方薬がおすすめになります。

上記でも紹介しましたが乙字湯は痔を治すための漢方薬になりますので、痔でお悩みの方は是非生活習慣に取り入れてみてください。

つらい「いぼ痔」の治し方と再発しない為の予防対策を徹底解説

現代社会では人口1,000人あたりにつき「女性の6.5人が痔」に悩まされていると言われています。 中でも特に多いのが「いぼ痔」に悩まれている方で、 「診察を受けるのが恥ずかしい・・・」 「病院に行くと ...

続きを見る







-痔の予防対策, 痔の治し方, 痔の薬
-, , , , , ,

Copyright© いぼ痔の治し方と予防対策navi , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.