痔の予防対策 痔の基礎知識 痔コラム

お尻から出血!?痔による血便ではなく大腸がんの可能性も

投稿日:

トイレで排便した後に便器を見ると大量の血で便器が真っ赤に染まっているとびっくりすると思います。

「なぜお尻から出血?」

排便時に「出血(血便)」がある場合は、「いぼ痔(内痔核)」の可能性が非常に高いのですが、もしかすると「大腸がん」などの他の病気の可能性もありますので注意が必要になります。

血便と一口に言ってもさまざまで、必ずしもいぼ痔が原因による血便とは限りません。

血便になる原因は、痔以外の病気の可能性もありますのでご注意ください。

また、「赤い血便」「黒い血便」があり、血便の色によって原因や症状、病気の種類が異なります。

そこで今回は、お尻から出血したときの原因はいぼ痔なのかそれとも大腸がんなどの他の病気なのかについて解説していきたいと思います。




お尻から出血!?血便とは

血便とは、文字通り便に血が混ざった状態のものを言い、血便の原因はさまざまになります。

最も可能性が高いのはいぼ痔で、いぼ痔の中でも肛門の内部にできる「内痔核」と言ういぼ痔になります。

いぼ痔になると、排便時に大量の出血がある場合もあり、初めての方は正直びっくりしてしまうと思います。

切れ痔の場合も出血を伴いますが、いぼ痔程大量に血が出るわけではなく、基本的にはトイレットペーパーに付着する程度になります。

また、いぼ痔以外にも「胃・十二指腸」等の消化器から出血している場合は便意血が混ざり血便になります。

血便の色は、赤色から黒色まであり、肉眼では血便かどうか判断することが難しい血便もあります。

このような場合は検査が必要となります。

血便の種類によっては、早期治療が必要になる場合もありますので、どのような血便が危険で、どのような血便が危険ではないかをしっかり把握しておきましょう。

お尻から出血してもそれほど危険ではない血便の種類にいぼ痔があります。

いぼ痔が原因で起こる血便の場合は、放置していても命に別状はありませんが、放置しすぎて痔の症状が重症化してしまうと病院での手術が必要になります。

その他の胃や十二指腸で起こる病気「胃潰瘍・十二指腸潰瘍」などの消化器疾患が原因で起こる血便や、「大腸がん・直腸がん」などによる血便はとても危険な状態になりますので一刻も早く治療する必要があります。

そのため、自分のお尻から出た血の色が何色なのかをよく観察し、自分の血便が危険なのか危険ではないのかを判断するようにしましょう。

少しでも不安を感じましたら、一刻も早く病院に相談するようにしてください。

それでは赤色と黒色のそれぞれの血便の特徴を見ていきましょう。

赤い血便の原因について

トイレをしているときにお尻から赤い血が出る場合の血便は、主にいぼ痔(内痔核)が原因になります。

いぼ痔でも内痔核は、出血することが多い痔なのですが、初期段階ではほとんど出血がないため割と自覚症状の少ない痔でもあります。

ただし、いぼ痔の症状が進行するに連れて出血量が多くなります。

内痔核が原因で生じた出血は「直腸」に溜まりますので、排便時に「シャー」と言う音と共に大量の血液が噴出します。

このぐらいの症状になってくると便器が真っ赤に染まるぐらい大量の血液が出ます。

いぼ痔でも内痔核とは、肛門内部にできるいぼ痔で、放置していると大きくなり排便時に便と共にイボが脱出することもあります。

さらに症状が重症化すると通常時も肛門から常にいぼが飛び出している状態になります。

これを「脱肛」と言います。

いぼ痔には以下のようなステージがありますので、自分のいぼ痔がどの段階なのかもチェックしておきましょう。

内痔核の症状は段階がある!

内痔核の症状には4段階ありますので、それぞれ見ていきましょう。

内痔核の第1段階

痛みはほとんどなく脱肛も見られないけど、排便時に出血が見られトイレットペーパーに血が付着することがある。
※脱肛とは、肛門や直腸粘膜、内痔核が肛門の外に飛び出してしまう症状のことです。

内痔核の第2段階

排便時の出血に加え、脱肛と痛みを伴う場合があります。

ただし、脱肛した場合でもこの段階では自然に戻る状態になります。

内痔核の第3段階

内痔核も第3段階まで来ると、脱肛した場合は自然にもらなくなりますので、自分の手で肛門の中へ押し込まなければならなくなります。

しかも、排便時だけではなく、日常生活を送っているときに軽い運動をしたり、力仕事をしているときにお腹に力が入った瞬間に脱肛するようになります。

内痔核の第4段階

内痔核の第4段階は常に脱肛している状態となり、粘液によって下着が汚れたりします。

ここまでくると出血や痛みを伴わないことが多くなります。

その代わり、逆に肛門周辺がかぶれてしまい痒みを伴うことが多くなります。

いぼ痔の出血の特徴

いぼ痔の場合の出血の特徴は、排便時(直前)に一気に出血しますので、便の周りに血が付いていることもじわじわと出血するようなこともありません。

いぼ痔でも出血があるのは内痔核で、いきむことによってうっ血し、血液でパンパンになっているところに便が擦れるため排便直前に出血してしまうのです。

色は真っ赤な鮮血で、シャーと音を立てて大量の血が噴き出す場合と、ポタポタと落ちる場合、少量の血がトイレットペーパーに付着する場合があります。

ちなみにですが、いぼ痔の場合の出血は、一度出血すると静脈が縮みますので、次に腫れるまでの間は出血はほとんどありません。

いぼ痔を予防するためには

いぼ痔を予防するためには以下の点にご注意ください。

  • 排便時にいきみ過ぎない
  • 便秘や下痢を予防する食生活を心がける
  • お尻を温めて血流をよくする
  • 長時間の同じ姿勢は避ける
  • 長時間の排便は避ける

いぼ痔(内痔核)になると、排便時に真っ赤な血が大量に出ますが、赤い血便なら必ずしもいぼ痔が原因と言う訳ではございませんので注意してください。

例えばですが、肛門付近の直腸から出血している場合もいぼ痔と似た様に真っ赤な血便が出る場合があります。

そのため、赤い血便が続くようであれば肛門科などの病院に相談することをおすすめします。

いぼ痔の原因や予防対策、セルフケアで治す方法につきましては以下の記事にまとめていますので参考にしてみてください。

いぼ痔の原因や症状とセルフケアで治す方法について

痔の中でも男女問わず圧倒的に多い症状が「いぼ痔(痔核)」になります。 いぼ痔は年配の男性がなる病気とイメージをお持ちの方も多いと思いますが、最近はいぼ痔に悩む女性の方が急増しています。 また、いぼ痔は ...

続きを見る

黒い血便の原因について

黒い血便が出る原因につきましては、肛門から離れた場所での出血が考えられます。

例えばですが、

  1. 消化性潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍)
  2. 潰瘍性大腸炎
  3. 大腸がん

などの疾患によって黒い血の血便が出る場合があります。

①消化性潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍)

消化性潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍)は、「ストレス」「ピロリ菌」が原因で発症することが多い病気になります。

通常は、胃粘膜や十二指腸の粘膜は、胃液によって消化されないようになっていますが、何かしらの原因で粘膜が傷つき、粘膜や胃壁が胃液によって消化され潰瘍になります。

食欲不振に陥ったり、食後のみぞおちの痛みや胸やけの症状として表れてきます。

胃で出血し、その血液が時間をかけて腸を通ってくるため、真っ赤な血液が徐々に黒ずんできて、排便時には黒っぽい血便になります。

②潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に炎症が生じて潰瘍ができる病気になります。

潰瘍性大腸炎は若年層に発症しやすい病気で、激しい下痢と腹痛が起きます。

黒い血便が多いのですが、肛門付近で出血している場合は赤色っぽい血便になることもあります。

また、「大腸がん」「大腸ポリープ」も黒色っぽい血便が出る時もありますので要注意なのです。

もし黒色っぽい血便が出ていると言うのであれば、痔ではない可能性が高くなりますので、一刻も早く病院に相談するようにしてください。

③大腸がん

大腸がんは、早期には自覚症状はほとんどありません。

また、肛門に近い直腸がんと奥の方の結腸がん都では症状の現れ方も違い、症状だけでがんだと気づくことは非常に難しくなります。

大腸がんの代表的な症状は、

  • 出血(血便・下血)
  • 便通異常
  • 腸閉塞

の3つになります。

特に排便時には黒色っぽい血便が出ますので、分かりやすくなります。

ただし、血便だからと言っていぼ痔(内痔核)と勘違いして放置してしまう方も居ますので注意が必要になります。

いぼ痔の場合は便に血液はほとんど付きません(排便前に出血するため)が、便の周りに血が付いている場合は要注意です。

また、出血がじわじわと長期的に出続けるのも危険サインなので注意して便をチェックするようにしましょう。

大腸がんと間違えやすい肛門の病気

肛門は腸に接しているため、痔やポリープは大腸がんと間違えられやすい病気になります。

痔核(いぼ痔)

痔核とは、いぼ痔のことで肛門の外側にできるいぼ痔のことを「外痔核」と言い、肛門の内側にできるいぼ痔のことを「内痔核」と言います。

大腸がんと間違えられやすいいぼ痔は内痔核の方で、内痔核は排便時に痛むことなく出血しますのでよく大腸がんと間違えられてしまいます。

上記でも言いましたが、いぼ痔の場合の血便は赤色っぽい血便になりますので、黒色っぽい血便が出た場合は要注意になります。

裂肛(切れ痔)

裂肛とは、いわゆる切れ痔のことで、肛門の粘膜が避けた状態の痔で、裂け痔とも呼ばれます。

排便時に痛みや出血を伴うため、便秘などで便が硬い時は痛みで排便できないこともあります。

便の表面に線状の血液が付着することもあります。

痔ろう

痔ろうとは、痔の一種で「あな痔」とも呼ばれます。

肛門の内部から肛門周囲の皮膚に炎症が起こり化膿し膿が溜まる「肛門周囲膿瘍」が起こります。

そして、皮膚が破れることによって肛門の外側と内側をつなぐ穴(瘻孔)ができてしまうのです。

痔ろうを治すには手術が必須で、放置すると肛門がんに発展することもありますので要注意です。

肛門ポリープ

肛門ポリープは、肛門にできる線維性のポリープで、排便後コリコリしたイボが出てきます。

多くは内痔核や切れ痔に合併します。

また、大腸ポリープとの区別が難しい場合があります。

ポリープについて

大腸ポリープが成長すると、ほとんどの場合大腸がんになります。

そのため、現代では大腸がんのリスクを少しでも減らす為に、大腸にポリープが見つかればすぐに摘出するようになっています。

ただし、5ミリ以下のポリープに関しましては、医師によっては「まだがんになっていないので摘出の必要はない」と言う考えの方も居ます。

ポリープが大きくなり、がん化する可能性が高いと判断した時点で摘出しますが、5ミリ以下のポリープの場合は治療対象としない場合もあります。


ポリープや早期大腸がんをより安全、確実に切除するための方法です。ポリープも大腸がんも粘膜層と呼ばれる腸の一番内腔を覆っている層から発生し、成長していきます。そのため、粘膜層のすぐ下の層(粘膜下層)に専用の液体を注入することで、粘膜層を持ち上げてしまいます。これによって、ポリープを焼き切った際、筋肉より深い層(腸に穴があいてしまう層)に通電されません。
引用元:http://www.osawa-naishikyo.com/colon-polyps/

ポリープは内視鏡で切除するのが一般的

肛門ポリープなどのポリープは、見つかれば内視鏡で切除するのが一般的になります。

医師の中にはすぐに摘出しない医師も居ますが、ポリープを切除した人と切除しない人とでは、がんの発症率に大きな差が出ます。

米国の研究機関の発表では、ポリープを切除することによって「76~90%」もがんのリスクを減らすことができると明らかにしています。

また、日本の厚生労働省の10年間の調査でもポリープ切除によってがんのリスクが下がると言うことが明らかとなっています。

つまり、ポリープを摘出することで大幅にがんのリスクを減らすことができると言うことです。

小さなポリープを摘出するのに危険はないことと、内視鏡を使えば1センチ以下のポリープを切除できるので、ポリープを発見したらすぐに摘出すると言うのが主流になってきています。

また、一見がんとは思えないポリープも病理検査するために一部を切除する必要があり、もしがんが発覚した場合は全摘出になり二度手間になりますので、ポリープが見つかればはじめから全て切除するのが一般的なのです。

それから、ポリープががん化していないからと言って残しておくと、便潜血検査の度に陽性となり、その都度精密検査が必要になる場合がありますので、ポリープは見つかればすぐに取るようにしましょう。

いぼ痔と思っていたら実は大腸がんだった・・・。そんなこともありますので、血便(特に黒っぽい血便)が出たときは早めに病院に相談することをおすすめします。また、ポリープが発見されたときは、早めに摘出するようにしましょう。

まとめ

お尻から出血したときはびっくりしますが、いろいろと調べるといぼ痔であると言うことが分かり安心する人も多いと思います。

しかし、上記でも解説した通りお尻からの出血の原因はいぼ痔だけではなく、大腸がんなどのその他の病気の可能性もありますのでご注意ください。

上記でいぼ痔と大腸がんなどの病気の血便の色の違いを説明しましたが、あくまでも知識として把握しておくだけで、実際に血便が出ましたらすぐに病院に相談するようにしましょう。

大腸がんなどでも早期治療で改善するほど医療技術は進歩していますので、後回しにせずすぐに病院に相談することをおすすめします。

つらい「いぼ痔」の治し方と再発しない為の予防対策を徹底解説

現代社会では人口1,000人あたりにつき「女性の6.5人が痔」に悩まされていると言われています。 中でも特に多いのが「いぼ痔」に悩まれている方で、 「診察を受けるのが恥ずかしい・・・」 「病院に行くと ...

続きを見る







-痔の予防対策, 痔の基礎知識, 痔コラム
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© いぼ痔の治し方と予防対策navi , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.