痔の予防対策 痔の治し方 痔の薬 痔コラム

痔(いぼ痔・切れ痔)はオロナイン軟膏で治る?万能薬オロナインの効果について

投稿日:

痔は肛門の病気で、「いぼ痔(痔核)・切れ痔(裂肛)・痔ろう」と3つのタイプがあります。

痔は生活習慣病の一つと言われていますので、軽度の痔であれば生活習慣の改善で治すことができます。

つまり、痔だから必ず手術が必要と言う訳ではなく、早期治療に限り生活習慣の見直しで治すことができるのです。

また、痔の種類によっては炎症が酷くなったり、かゆみや痛みを感じることがありますが、このような場合は痔の治療薬で症状を緩和することができます。

痔の治療薬は「塗り薬(軟膏・クリーム)・内服薬・坐薬」などが一般的ですが、かゆみや痛みなどの炎症を抑えるのは塗り薬になります。

塗り薬と言えば、どの家庭にも常備薬として「オロナイン軟膏」があると思います。

オロナイン軟膏は皮膚疾患の薬(軟膏)になりますので、もしかすると痔の痒みや痛みにも効くのでは?と考えるのはごく自然なことです。

しかし、オロナイン軟膏は痔に聞くのでしょうか?

痔はとても恥ずかしい肛門の病気になりますので、病院に相談するのはもちろんドラッグストアなどで薬を買うのも恥ずかしいですよね・・・

でも、家にあるオロナイン軟膏で炎症や痛み、痒みを抑えることができるのであればとても助かると思います。

そこで今回は万能薬と言われるオロナイン軟膏で痔が治るのかとオロナインの効果や成分について解説していきたいと思います。




痔の原因や症状についておさらい

オロナイン軟膏が痔に効くのか解説する前に、痔の原因をきちんと理解しておくことが大切になります。

初めに言いましたが、痔は3タイプに分かれていて、それぞれ症状が異なります。

ですが、それぞれに共通していることは、痔は生活習慣病の一つで「便秘」「下痢」が主な原因になると言うことです。

他にも、痔になる原因は「血行不良」で、肛門周辺の血流が悪くなるとうっ血を起こし痔に繋がってしまうのです。

肛門周辺の血流が悪くなる原因に、座りっぱなしや立ちっぱなし、冷え性などがあります。

痔は人間特有の病気で、排便を我慢したり、二足歩行で肛門に負担がかかったりすることも痔になる原因になります。

痔の症状について

痔の症状も3種類それぞれ異なります。

痔の症状に多いのが、排便時に出血する、便意血が付ている、肛門にいぼができている、肛門が痛い、肛門が痒い、になります。

他にも痔の症状はありますが、一般的にはこのような感じになります。

詳しくは以下の記事にまとめていますので参考にしてみてください。

痔の原因や症状の基礎知識!なぜ日本人女性は痔の重症患者が多いのか?

痔と言えば「いぼ痔」や「切れ痔」、他にも「痔ろう」があります。 いぼ痔や切れ痔は恥ずかしい病気で、なかなか病院で診察を受けるのに勇気がいる病気になります。 非常にデリケートなびょうきになりますので、特 ...

続きを見る

オロナイン軟膏の効果や成分について

オロナイン軟膏と聞けばほとんどの方が知っているぐらい有名な万能薬で、必ずと言ってもいいほど各家庭に常備薬として置かれています。

日本人ならオロナイン軟膏を知らないと恥ずかしい塗り薬ですが、果たして痔に効果はあるのでしょうか?

オロナイン軟膏は万能薬と言われる塗り薬で、さまざまな皮膚疾患に効果を発揮してくれます。

そのため、小さい時からオロナインにお世話になっていると言う人も多いと思います。

オロナイン軟膏はドラッグストアなどでもかんたんに手に入る薬で、市販の塗り薬の中でも最も知名度のある薬ではないでしょうか。

そんなオロナイン軟膏の効果や成分についてみていきましょう。

オロナイン軟膏の効果効能について

オロナイン軟膏の効果効能は、

  • ひび
  • あかぎれ
  • しもやけ
  • きりきず
  • すりきず
  • にきび
  • 吹き出物
  • かるいやけど
  • 水虫(ジュクジュクしていないもの)

になります。

上記の皮膚疾患にオロナイン軟膏は効きます。

オロナイン軟膏の成分について

オロナイン軟膏の成分は、

  • クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%):10mg
  • ラウロマクロゴール ポリソルベート80
  • 硫酸Al/K
  • マクロゴール
  • グリセリン
  • オリーブ油
  • ステアリルアルコール
  • サラシミツロウ
  • ワセリン
  • 自己乳化型ステアリン酸グリセリル
  • 香料
  • 精製水

になります。

結局痔はオロナイン軟膏で治るの?

オロナイン軟膏は皮膚疾患のための塗り薬で、効果効能や成分については上記の通りになります。

では、結局のところオロナイン軟膏でじが治るのか?と言う疑問に関してはどうなのでしょうか・・・

結論を言いますと、オロナイン軟膏を痔に使用することはできるけど、痔を完治するのは難しいと言うことになります。

初めにも言いましたが、痔は生活習慣病の一つになりますので、痔を感知するためには生活習慣を見直し改善する必要があるのです。

オロナイン軟膏で痔の消毒は可能ですが、痔の症状を緩和させる目的なら市販の痔の治療薬を使用することをおすすめします。

オロナイン軟膏は痔に使えるけど治療効果には期待できない

オロナイン軟膏は皮膚疾患の消毒や症状を和らげるための塗り薬になりますので、痔に使用することはできますが、痔を治す効果には期待できません。

オロナインの主成分は「クロルヘキシジングルコン酸塩液」で、クロルヘキシジングルコン酸塩液の効果は傷口を消毒し炎症を抑え化膿を防ぐ働きがあります。

つまり、痔の症状に対して消毒目的で使用することは全く問題ありませんが、痔の症状である「腫れ・痛み・痒み・出血」などの症状を和らげる効果はオロナインにはありません。

いぼ痔(内痔核)にはオロナインは使用できない

いぼ痔と一口に言っても「内痔核」「外痔核」の2種類あります。

かんたんに言いますと、肛門の内部にできるいぼ痔が内痔核で、肛門の外側にできるいぼ痔が外痔核になります。

詳しくは以下の記事にまとめています。

いぼ痔の原因や症状とセルフケアで治す方法について

痔の中でも男女問わず圧倒的に多い症状が「いぼ痔(痔核)」になります。 いぼ痔は年配の男性がなる病気とイメージをお持ちの方も多いと思いますが、最近はいぼ痔に悩む女性の方が急増しています。 また、いぼ痔は ...

続きを見る

いぼ痔の中でも内痔核にはオロナインを使用することはできません。

なぜなら、内痔核は肛門の内部にできるいぼ痔になりますので、直接指で触れることができないからになります。

そのため、いぼ痔(内痔核)の消毒や症状を緩和させるためには、痔の治療薬(坐薬・注入軟膏)をお試しください。

痔にはオロナインではなく痔の治療薬がおすすめ!

オロナインの効果は「消毒」だけになりますので、痔の症状を緩和することはできません。

そのため、痔が痛むときや痒みを感じる時にオロナインを塗っても症状が和らぐことはないのです・・・

つまり、痔の痛みや痒みには痔に特化した治療薬がおすすめと言うことです。

痔の治療薬は病院に行かなくてもドラッグストアなどで市販されています。

また、ドラッグストアで痔の薬を買うのが恥ずかしいと言う場合は以下の記事を参考にしてみてください。

ドラッグストアで買えるいぼ痔や切れ痔の治療薬のおすすめ!市販薬でも痔は治る?

痔は非常にデリケートな悩みで、男性だけではなく女性の方もいぼ痔や切れ痔に悩まれている方が多くなります。 痔は恥ずかしい肛門の病気になりますので、なかなか肛門科などの病院に相談することができません。 ま ...

続きを見る

いぼ痔が痛いときの対処法!病院に行かずに痛みを止める方法

いぼ痔が痛いけど「病院に行くのは恥ずかしいから自分でなんとかしたい」と考える人も多いと思います。 いぼ痔は非常に恥ずかしい肛門の病気になりますので、特に女性の方は病院を避けたいと思います。 そこで今回 ...

続きを見る

痔の市販薬には、腫れを抑える「抗炎症成分」や、痛みを抑える「局所麻酔成分」、出血を止める「血管収縮成分」、痒みを抑える「抗ヒスタミン成分」等が配合されていますので、痔の症状を緩和させることができるのです。

オロナインにも「収れん・止血・防腐」等の成分が配合されていますが含有量が未記載のため有効成分としては認めることができません。

ただし、あくまでも痔の市販薬が効果を発揮するのは「軽度の痔(いぼ痔・切れ痔)」になりますので、重症化した痔に使用してもそれほど効果には期待できません。

いぼ痔(内痔核)の出血がひどい場合は「テトラヒドロゾリン・メチルエフェドリン・フェニレフリン」などの血管収縮成分が配合された注入軟膏などの治療薬をおすすめします。

肛門の内側にできるいぼ痔(内痔核)の場合は、上記の様な治療薬がおすすめで、他にも坐薬も効果を発揮してくれます。

ただし、痔ろうは市販薬で治すことができませんし、症状を緩和することもできませんので、痔ろうの場合はすぐに肛門かなどの病院を受診するようにしてください。

痔ろうの原因や症状と治療方法について

痔は「痔核(いぼ痔)・裂肛(切れ痔)・痔ろう」と3種類ありますが、この中で最も治療が難しいと言われているのが「痔ろう」になります。 痔とは肛門や肛門周辺に起こる病気のことで、最も多くの方が悩まれている ...

続きを見る

まとめ

オロナイン軟膏は痔に使用することはできますが、あくまでも消毒効果があるだけで、痔の症状である「腫れ・痛み・痒み・出血」等を軽減させる効果には期待できません。

そのため、痔の症状が酷いときに症状を和らげるために使うなら、痔の治療薬をおすすめします。

また、痔の治療薬はあくまでも症状を緩和させるためのものであって、完治はしませんのでご注意ください。

痔は生活習慣病の一つになりますので、痔を根本から改善するためには、生活習慣の見直しが必要不可欠になります。

あまり知られていませんが、痔の9割は手術不要で生活習慣の見直しなどのセルフケアで改善することができます。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

痔の病院に行きたくない人はセルフケアで治すのがおすすめ!10の生活習慣の見直しが痔改善のキーポイント

痔はとても恥ずかしい肛門の病気で、かんたんに他人には相談できないので「痔の病院に行きたくない」のではないでしょうか? たとえ肛門科の医者であっても他人に変わりはないので、自分のお尻(肛門)を診られるの ...

続きを見る

つらい「いぼ痔」の治し方と再発しない為の予防対策を徹底解説

現代社会では人口1,000人あたりにつき「女性の6.5人が痔」に悩まされていると言われています。 中でも特に多いのが「いぼ痔」に悩まれている方で、 「診察を受けるのが恥ずかしい・・・」 「病院に行くと ...

続きを見る







-痔の予防対策, 痔の治し方, 痔の薬, 痔コラム
-, , , , , , , ,

Copyright© いぼ痔の治し方と予防対策navi , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.