痔の予防対策 痔の治し方 痔の薬 痔コラム

いぼ痔が痛いときの対処法!病院に行かずに痛みを止める方法

投稿日:2018年6月11日 更新日:

いぼ痔が痛いけど「病院に行くのは恥ずかしいから自分でなんとかしたい」と考える人も多いと思います。

いぼ痔は非常に恥ずかしい肛門の病気になりますので、特に女性の方は病院を避けたいと思います。

そこで今回は、いぼ痔の痛みや痒みを病院に行かずに和らげる方法や、出血を止める方法について解説していきたいと思います。




いぼ痔が痛いときに病院に行かずに治すための対処法はあるの?

いぼ痔が痛いときはすぐに病院に行って処置してもらうのが一番ですが、肛門を見られるのは非常に恥ずかしいのでかなり抵抗があると思います。

特に若い女性の方は、肛門を見られるぐらいなら死んだ方がマシだと言う方も少なくはないのではないでしょうか?

それは冗談として、いぼ痔になる原因は肛門周辺の静脈が圧迫され「うっ血」することによっていぼ痔ができてしまいます。

いぼ痔は、座りっぱなしの方や立ちっぱなしの方ができやすく、他にも便秘が原因で排便時に強くいきみ過ぎることでもいぼ痔ができてしまいます。

そんな厄介ないぼ痔ですが、普段は痛みはほとんどないけど、急に痒みを感じたり痛み出す時があります。

そんな時の痒みや痛みを止めるための自分でできる対処法がありますので、以下で解説していきたいと思います。

まずは自分のいぼ痔の種類を知ることが重要

いぼ痔と一口に言っても、「内痔核」「外痔核」の2種類のいぼ痔があります。

名前の通りなのですが、内痔核は肛門の内側にできるいぼ痔で、外痔核は肛門の外側にできるいぼ痔になります。

外痔核と内痔核の違いについて詳しくは以下の記事にまとめていますので参考にしてみてください。

いぼ痔の原因や症状とセルフケアで治す方法について

痔の中でも男女問わず圧倒的に多い症状が「いぼ痔(痔核)」になります。 いぼ痔は年配の男性がなる病気とイメージをお持ちの方も多いと思いますが、最近はいぼ痔に悩む女性の方が急増しています。 また、いぼ痔は ...

続きを見る

かんたんに説明しますと、外痔核は肛門の外側にできるいぼ痔になりますので、指で触ることができます。

一方、内痔核は肛門の内側にできるいぼ痔になりますので、指で触れることができません。

また、外痔核は初期段階から痛みを感じるのに対して、内痔核はほとんど痛みを感じないのです。

そのため、内痔核は自覚症状が少ないことから、自分がいぼ痔だと気づいていない人も珍しくはないのです。

内痔核に気づくときは、既に症状が悪化しているときで、排便時に大量の出血で便器が真っ赤に染まったり、肛門内部からいぼが出てくる脱肛が起きたときがほとんどです。

排便時に出血があるのに痛みが無いと言う場合は、いぼ痔(内痔核)の可能性が非常に高くなります。

いぼ痔の痛みを病院に行かず自分で和らげる対処法

普段は痛くないのに急に痛くなったりするあなたのいぼ痔は内痔核になります。

内痔核は出血するまで痔核症状がないため、気づくのが遅く重症化してしまうケースがほとんどです。

しかし、必ず手術が必要なのかと言いますと、実はそうでもなく9割以上の痔はセルフケアで治すことができるのです。

また、いぼ痔の痛みは病院に行かなくても以下の方法でかゆみや痛みを和らげることができます。

いぼ痔の痛みを止める方法

いぼ痔の痛みを止める方法は、3つあります。

①お尻を温めてあげる

いぼ痔が痛む原因の一つに体の冷えがあります。

体が冷えると血行不良となり、いぼ痔が痛み出します。

そのため、お尻を温めて血行をよくしてあげるようにしてください。

温め方はさまざまですが、おすすめはお風呂に入って入浴することです。

いぼ痔が痛くて入浴できない場合や、お風呂に入れない状況のときは「使い捨てカイロ」などでお尻を温めてあげましょう。

ただし、カイロでお尻を温める際は、やけどの恐れもありますので、薄めのタオルなどにくるんだり下着の上から温めるようにしましょう。

また、以下の記事でも紹介していますが、入浴してお尻を温める場合は「入浴剤」がおすすめになります。

痔の病院に行きたくない人はセルフケアで治すのがおすすめ!10の生活習慣の見直しが痔改善のキーポイント

痔はとても恥ずかしい肛門の病気で、かんたんに他人には相談できないので「痔の病院に行きたくない」のではないでしょうか? たとえ肛門科の医者であっても他人に変わりはないので、自分のお尻(肛門)を診られるの ...

続きを見る

②横向きに寝転ぶ

横向きに寝転んで安静にすることで、いぼ痔の痛みを和らげることができます。

ポイントとしましては、軽くひざを曲げた状態で横向きに寝転ぶことです。

そうすることでお尻の力が一気に抜けm肛門への負担が軽減されます。

座ったり、立ったりしている状態はお尻への負担が大きくいぼ痔が傷みやすくなります。

横になれるスペースがある場合は、ひざを曲げて横向きに寝転んでリラックスするようにしましょう。

③市販の痛み止めを使う

いぼ痔の痛みを和らげるのに最も手っ取り早い方法は、市販のいぼ痔の治療薬を使うことになります。

常に痛みを感じている場合は「外痔核」の可能性が高いので、イボに直接塗れる「軟膏」「クリーム」がおすすめになります。

上記二つはテレビCMでもよく見かけるのでご存知の方も多いと思います。

ドラッグストアでも購入できますが、買いに行くのが恥ずかしいと言う方はアマゾン等の通販をおすすめします。

定価よりも安く買えますし、恥ずかしさがないので安心ですね。

排便時にいぼ痔から出血したり、たまに痛みを感じると言う場合は「内痔核」になりますので、市販の坐薬や注入軟膏、飲み薬がおすすめになります。

坐薬や注入軟膏でいぼ痔の痛みや出血を止めることができます。

いぼ痔の痒みを病院に行かず自分で和らげる対処法

いぼ痔の中でも痒みを生じるのは外痔核になります。

ではなぜいぼ痔が痒くなるのかと言いますと、いぼ痔の痛みが原因で十分に肛門を洗えないからになります。

排便後トイレットペーパーで十分にお尻を拭くことができないため、便が肛門に付着したままと言う場合があります。

その結果、肛門周辺が炎症を起こしてしまい痒みを引き起こすのです。

また、いぼ痔は出血したり粘液が出ることがありますので、それらが肌を刺激し痒みを引き起こすこともあります。

ではいぼ痔の痒みの対処法を見ていきましょう。

①洗いすぎに要注意

いぼ痔が痒いからと言って洗いすぎるとさらに痒みを誘発してしまいますのでご注意ください。

いぼ痔が痒いから肛門を清潔に保たないといけないのは間違いないのですが、ウォシュレットで過剰に肛門を洗いすぎるのはNGです。

また、お風呂で石鹸を使用し入念にゴシゴシ洗うのも痒みを誘発してしまいます。

肛門の洗い過ぎは逆に痒みが酷くなりますので、洗い過ぎにはご注意ください。

②便が肛門のシワに残らないようにする

排便後にいぼ痔や肛門が痒くなる原因は、便が肛門のシワに残っているからになります。

そのため、排便後はウォシュレットを使用し、丁寧に便を洗い流しましょう。

そして、肛門のシワに便が残らないようにトイレットペーパーで綺麗に拭きあげましょう。

ただし、上記でも言いましたが洗い過ぎには要注意です。

そしてしっかりと肛門を乾燥させるようにしてください。

肛門に水分が残っていると衛生的にもよくないですし、痒みを悪化させてしまう可能性もあります。

③市販のかゆみ止め軟膏を塗る

いぼ痔が原因で肛門が痒い場合は、肛門を清潔にし市販の軟膏を塗るのがおすすめです。

炎症を抑え、かゆみを抑えてくれますので、すぐに痒みが治まります。

市販の薬だけではいぼ痔は治らない?

いぼ痔や切れ痔は生活習慣病の一つで、市販の治療薬だけで改善することは難しくなります。

いぼ痔の治療薬は、あくまでも症状を和らげるためのもので、痔を治すためのものではありせん。

痔を治すためには、生活習慣の改善が必要不可欠になります。

痔の最も大きな原因は便秘で、次いで下痢になります。

他にも、長時間同じ姿勢で座りっぱなしの人や立ちっぱなしの人も痔になりやすい傾向にあります。

要するに痔は、便秘が原因で排便時に強くいきみ過ぎたり、下痢便の勢いで肛門が傷ついて細菌が感染したり、長時間同じ姿勢で血行不良を招き肛門がうっ血したりすることによって引き起こされます。

ですから、痔(いぼ痔・切れ痔)を治すためには、これらの生活習慣の改善が真っ先に必要になってくるのです。

また、痔の原因である血行不良になる原因は他にもたくさんあり、「運動不足・ストレス・肥満・食生活の乱れ」等々さまざまです。

ですから、痔を根本から治すためには生活習慣を見直すと共に、血行をよくするための努力も必要になります。

血行促進は、運動や食生活の改善でも効果はありますが、漢方薬の力をプラスすることでさらに効果的になります。

痔には便秘改善効果と血行促進効果がある「乙字湯」と言う漢方薬がおすすめになります。

いぼ痔や切れ痔を治すのに効果的な乙字湯


いぼ痔を治したい、切れ痔を治したい、だけど病院に行くのは恥ずかしい・・・デリケートなその悩みも、もう我慢しなくていいんです!

乙字湯は6種類の生薬を配合した漢方薬で、血流を改善し傷の治りを早め、うっ血を取り腫れを抑えてくれます。

いぼ痔や切れ痔の悩みを素早く解決してくれ、痔の予防対策としても効果的な漢方薬になります。

また、いぼ痔や切れ痔だけではなく、便秘解消や脱肛にも作用しますので、病院で恥ずかしい思いをすることなく痔の悩みが解消されます。

通常価格 7,960円
初回特別価格 3,960円(50%OFF)
送料 無料
定期コース 2回目以降も12%OFFの6,960円
製造 日本製
内容量 2箱(朝夕1日2包で32日分)
支払い方法 クレジット・後払い(コンビニ・銀行・郵便局)

いぼ痔や切れ痔に効く乙字湯とは?

いぼ痔や切れ痔の改善に効果的な乙字湯とは、6種類の生薬を配合した漢方薬になります。

配合されている生薬成分は、

  • 当帰(とうき)・・・血行促進
  • 柴胡(さいこ)・・・神経の高ぶりを安定させる
  • 黄芩(おうごん)・・・炎症を抑える
  • 甘草(かんぞう)・・・痛みを和らげる
  • 升麻(しょうま)・・・化膿を防ぎ毒素を排出
  • 大黄(だいおう)・・・便をやわらかくする

になります。

これら6つの生薬成分が一つになった乙字湯で、いぼ痔や切れ痔を素早く治すことができます。

生活習慣の改善と漢方の力で痔の治りは早くなる!

痔で病院に行きたくないと言う方は、漢方薬がおすすめになります。

生活習慣の改善などのセルフケアだけでもいぼ痔や切れ痔を治すことはできますが、「漢方」の力をプラスすることでさらに痔が改善しやすくなりますし、改善までのスピードが圧倒的に早くなります。

漢方では、痔は滞ってしまった「血(けつ)」と言い、「瘀血(おけつ)」が肛門にある状態と言われています。

この瘀血ができる原因はさまざまではありますが、主に血行不良や便秘が原因になります。

そこで、血の流れをよくしてうっ血を取り除き、キズの治りを早めて腫れを抑える漢方を服用すれば、いぼ痔や切れ痔を治すことができるのです。

その漢方こそが、江戸時代の日本人医師が作った「乙字湯(おつじとう)」と呼ばれる漢方薬なのです。

乙字湯の効果は、血流をよくして痔の原因であるうっ血や炎症を防いでくれ、便の通りをよくして排便時の痛みや圧迫を和らげてくれます。

しかも、筋肉の緊張を高めて中の痔が出てこないようにもしてくれるのです。

痔の病院に行きたくない人はセルフケアで治すのがおすすめ!10の生活習慣の見直しが痔改善のキーポイント

痔はとても恥ずかしい肛門の病気で、かんたんに他人には相談できないので「痔の病院に行きたくない」のではないでしょうか? たとえ肛門科の医者であっても他人に変わりはないので、自分のお尻(肛門)を診られるの ...

続きを見る

まとめ

いぼ痔が痛い時の対処法は以上になります。

痔は病院に行くのがとても恥ずかしい病気なので、自分で対処できる方法を知っていると安心ですね。

また、上記で紹介しました方法は、あくまでも一時的な対処法になりますので、生活習慣の改善と漢方薬の力で根本からいぼ痔を改善し悩みを解消してみてください。

痔と言えば手術が必要な病気と思われがちですが、実はそんなことはなく9割の痔は手術不要でセルフケアで治すことができるのです。

ただし、早期治療の場合に限りますので、症状が悪化してしまう前に早めに対策するようにしましょう。

つらい「いぼ痔」の治し方と再発しない為の予防対策を徹底解説

現代社会では人口1,000人あたりにつき「女性の6.5人が痔」に悩まされていると言われています。 中でも特に多いのが「いぼ痔」に悩まれている方で、 「診察を受けるのが恥ずかしい・・・」 「病院に行くと ...

続きを見る







-痔の予防対策, 痔の治し方, 痔の薬, 痔コラム
-, , , , , , , , ,

Copyright© いぼ痔の治し方と予防対策navi , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.