痔の予防対策 痔の原因 痔の基礎知識 痔の治し方

いぼ痔の原因や症状とセルフケアで治す方法について

投稿日:2018年6月7日 更新日:

痔の中でも男女問わず圧倒的に多い症状が「いぼ痔(痔核)」になります。

いぼ痔は年配の男性がなる病気とイメージをお持ちの方も多いと思いますが、最近はいぼ痔に悩む女性の方が急増しています。

また、いぼ痔は恥ずかしい病気と言うイメージが強く、なかなか病院に相談しない方が多く、いぼ痔が重症化して症状が悪化してしまうケースも珍しくありません。

近年では女性の6.5人に1人が痔に悩まされていると言われておりますが、この数字はあくまでも肛門科などの病院へ相談した件数に対しての数値になりますので実際はもっと多くの女性の方が痔に悩まれていると予想できます。

今回はそんな痔の中でも最も患者数が多いと言われている「いぼ痔」の症状や原因と治療法について解説していきたいと思います。

また、いぼ痔で病院に行きたくないと言う方のためにセルフケアでいぼ痔を治す方法についても解説していますので参考にしてみてください。




いぼ痔とは?

いぼ痔とは、名前の通り肛門にいぼ状の腫れができる状態のことで、専門用語では「痔核(じかく)」と言われ、肛門の病気になります。

いぼ痔と一口に言っても「いぼ」ができる場所によって「外痔核」「内痔核」に分けられるのです。

主に排便時のいきみや「便秘」などによって肛門に負荷がかかり、直腸肛門部の血液循環が悪くなり毛細血管が集結している静脈叢が「うっ血」して腫れ上がることで起こります。

また、いぼ痔は外痔核と内痔核でできる場所が異なるため、その症状は異なります。

外痔核と内痔核の違いはなに?

いぼ痔と一口に言っても外痔核と内痔核で症状が異なります。

上記画像をご覧いただくと分かると思いますが、「歯状線」を挟んで肛門の外側にできるものを外痔核と呼び、内側にできるものを内痔核と呼びます。

分かりやすく言いますと、外からいぼが見え自分で触ることができるのが外痔核、外からいぼが見えず触れることができないのが内痔核になります。

ただし、内痔核の場合は「脱肛」したりいきんだ場合は肛門からいぼが顔を出すことがあります。

一般的にいぼ痔と言えば内痔核を指し、いぼ痔患者の中でも多いのが内痔核になります。

いぼ痔の症状について

いぼ痔は外痔核と内痔核に別れますので、それぞれ症状が異なります。

いぼ痔「外痔核」の主な症状

いぼ痔の中でも外痔核は、排便時の負荷によって歯状線より下の皮膚部分の静脈叢がうっ血してできたいぼ状に腫れたものになります。

肛門外側の皮膚には「知覚神経(痛みを感じる神経)」があり、外痔核の場合は痛みを感じる場合が多くなります。

また、外痔核の特徴としましては、「急性の炎症」を起こし、血栓ができることによって大きく腫れあがり、激しい痛みを感じることもあります。

外痔核の症状の特徴としましては、

  • 排便時だけではなく通常時も痛みを伴う場合がある
  • 急性の炎症を起こし激しい痛みを感じる場合がある
  • 出血はほとんど無い
  • 突然症状が出る場合が多い

になります。

上記は外痔核に現れる症状ですが、内痔核を長期間患っていたり、内痔核の再発を繰り返している場合にもこのような外痔核の症状が表れることがあります。

さらに血栓性の静脈炎(血栓性外痔核)や血腫を併発することもあり、この場合はより激しい痛みを伴います。

いぼ痔「内痔核」の主な症状

内痔核は、排便時の負荷によって歯状線より上の粘膜下静脈叢がうっ血してできるいぼ状に腫れたものになります。

この内痔核ができる辺りには、知覚神経が通っていないため痛みを感じることは少なくなりますので、排便時の出血によってはじめて気づくケースが多くなります。

内痔核は、排便時に便器が真っ赤に染まるほど大量の血が出ることもありますので、驚かれる方も多いと思います。

内痔核が進行し重症化すると、排便時にいぼが肛門の外に出る「脱肛」を起こしたリ、炎症を起こしたりして痛みを感じたりする場合もあります。

内痔核の症状は段階がある!

内痔核の症状には4段階ありますので、それぞれ見ていきましょう。

内痔核の第1段階

痛みはほとんどなく脱肛も見られないけど、排便時に出血が見られトイレットペーパーに血が付着することがある。
※脱肛とは、肛門や直腸粘膜、内痔核が肛門の外に飛び出してしまう症状のことです。

内痔核の第2段階

排便時の出血に加え、脱肛と痛みを伴う場合があります。

ただし、脱肛した場合でもこの段階では自然に戻る状態になります。

内痔核の第3段階

内痔核も第3段階まで来ると、脱肛した場合は自然にもらなくなりますので、自分の手で肛門の中へ押し込まなければならなくなります。

しかも、排便時だけではなく、日常生活を送っているときに軽い運動をしたり、力仕事をしているときにお腹に力が入った瞬間に脱肛するようになります。

内痔核の第4段階

内痔核の第4段階は常に脱肛している状態となり、粘液によって下着が汚れたりします。

ここまでくると出血や痛みを伴わないことが多くなります。

その代わり、逆に肛門周辺がかぶれてしまい痒みを伴うことが多くなります。

内痔核のチェック方法

自分が内痔核なのかチェックする方法は、

  • 排便時の時間が長くなった
  • 排便時に出血する
  • 排便時に違和感がある
  • 残便感がある
  • 肛門から何か出る時がある

になります。

内痔核の初期段階では自覚症状はほぼありませんので分かりにくいのですが、上記の様な症状がある場合は内痔核の可能性が非常に高くなりますのでご注意ください。

また、便に血液が付着は、便の周りに血が付いている場合と、便に血が混じっている場合の2パターンがありますが、前者の場合は内痔核の可能性が高いのですが、後者の場合は大腸がんや直腸がん、胃十二指腸潰瘍などの可能性もありますので一刻も早く病院へ相談するようにしてください。

いぼ痔になる原因はなに?

いぼ痔になる原因はさまざまですが、全てに共通して言えることが「直腸や肛門付近の静脈叢がうっ血していぼ状の腫れものができる」と言うことになります。

ではなぜ静脈叢がうっ血してしまいいぼ痔になってしまうのでしょうか?

考えられる原因は以下になります。

  1. 排便時にいきみ過ぎ
  2. 日々座りっぱなし(立ちっぱなし)
  3. 体の冷え
  4. 便秘
  5. 過度のアルコール摂取
  6. ストレス
  7. 過労(肉体疲労)

上記に思い当たる節は無いでしょうか?

これらが肛門付近の静脈叢がうっ血し、いぼ痔になる主な原因になります。

①排便時にいきみ過ぎ

排便時強くいきむことで肛門周辺の静脈叢に強い負荷がかかってしまいうっ血していぼ痔に繋がってしまいます。

特に便秘などで硬い便を出す時に強くいきむことが多いと思いますので、まずは便秘を解消する必要があります。

排便はあくまでも自然に行うことが大切で、便意を感じていないのに強くいきんで無理に排便しようとするのはいぼ痔の原因になりますのでよくありません。

例えば、便意を感じていないにもかかわらず、毎朝必ず排便しなければいけないと思い、長時間トイレで座っていきむことで肛門に大きな負担がかかりいぼ痔の原因になってしまいます。

また、排便時は和式ではなく洋式トイレを選ぶようにしましょう。

なぜなら、和式トイレの方がいきみやすく、排便時に強くいきんでしまいがちだからです。

排便時は、なるべく自然に行うことを意識しましょう。

②毎日座りっぱなし(立ちっぱなし)

毎日座りっぱなしの人や立ちっぱなしの人もいぼ痔に繋がりますので要注意です。

デスクワークが多く椅子に座りっぱなしの状態が長時間続くと、肛門周辺の静脈叢がうっ血しいぼ痔に繋がってしまいます。

また、長時間運転しているドライバーの方も注意が必要になります。

一方立ちっぱなしが多い人も肛門に負担がかかってしまいますので要注意になります。

長時間立っていると、同様に肛門周辺の静脈叢がうっ血しいぼ痔の原因になってしまいます。

そのため、デスクワーク中心の方やドライバーの方は定期的に立って少し歩いたり、軽い運動をするようにしましょう。

長時間立ちっぱなしの警備員の方や販売スタッフの方は、定期的に座ったり軽い運動をするようにしましょう。

いずれも血流をよくするために必要になりますので意識して行うようにしてください。

③体の冷え

体が冷えると全身の血管が収縮しますので、当然肛門周辺の血流も悪くなります。

すると、肛門周辺の静脈叢がうっ血しいぼ痔の原因となってしまいます。

夏場はエアコンをかけて過ごす時間が多いと思いますので、体を冷やさないように注意してください。

また、お風呂に入る時もシャワーだけで済ませるのではなく、しっかりと入浴して体を温めるように心がけましょう。

特に下半身を冷やさないようにすることが痔の予防対策になりますので、冬場はカイロでお尻を温めたりするのもおすすめになります。

④便秘

便秘は便が硬くなり、排便時のいきみ過ぎや便が出る時に肛門が傷ついたり、傷ついた患部から細菌が入り感染し炎症を起こして切れ痔や内痔核の原因になります、

また、便が長期的に直腸に留まることで便に含まれている細菌などに感染しやすくなり、炎症を起こしいぼ痔(内痔核)の原因になります。

他にも、便秘は固い便を無理矢理排便することになりますので、いきみ過ぎて肛門周辺に強い負荷がかかり、うっ血していぼ痔に繋がります。

つまり、便秘はいぼ痔や切れ痔などの痔の直接的原因になる可能性が非常に高いと言うことです。

そのため、痔の改善や予防対策には、まずは便秘を改善する必要があるのです。

⑤過度のアルコール摂取

過度のアルコール摂取は、血管を拡張しうっ血が起こりやすくなりますので、いぼ痔などの原因になります。

また、過度のアルコール摂取は下痢になることもありますので、間接的に痔と繋がってしまいます。

アルコールは適度に飲むことで血行促進効果に期待できますが、飲み過ぎると体への負担が大きくなりますので飲み過ぎには注意するようにしましょう。

痔の人がお酒を飲んでも大丈夫?アルコールが痔に与える影響

痔の人は、「お酒を飲んでも大丈夫?」と不安になると思います。 お酒を飲むと体が熱くなりますよね? なぜお酒を飲むと体が熱くなるのかと言いますと、「アルコールの作用で血行が良くなっているから」になります ...

続きを見る

⑥ストレス

ストレスはさまざまな病気を引き起こす要因の一つですが、痔の原因にもなります。

ストレスが溜まると免疫力が低下してしまい、排便時に便が肛門を通過する際に、便に含まれている細菌によって肛門内部が感染され、炎症を起こして切れ痔やいぼ痔(内痔核)となってしまいます。

疲れが酷い状態のときは「局所免疫(体の特定部分で働く病気などへの防御反応)」が低下していますので、肛門に炎症を起こしやすい状態になります。

ストレスが原因で便秘や下痢になり、免疫力が低下し、痔に繋がってしまうと言うことです。

ですから、ストレスは溜めこまずに発散することを心がけるようにしましょう。

⑦過労(肉体疲労)

肉体疲労などによる過労は、ストレスと同じく免疫力の低下に繋がりますので、いぼ痔や切れ痔の原因となります。

便が肛門を通過する際に、便意含まれている細菌によって肛門内部が感染され炎症を起こしてしまい痔になります。

通常であれば「局所免疫(体の特定部分で働く病気などへの防御反応)」が働くので、細菌に感染することはないのですが、免疫力の低下が原因で感染し炎症を起こしてしまうのです。

そのため、疲労を感じましたら十分な食事を取り、ゆっくりと入浴して疲れを癒し、十分な睡眠をとって疲労を回復させるようにしましょう。

上記の原因の内ほとんどが「うっ血」の原因となり静脈叢が炎症を起こし静脈瘤ができてしまいいぼ痔になります。このようにみると字が「生活習慣病」だと言うことがよく分かりますね。また、いぼ痔は高齢者に多く見られることから老化現象の一つとも言われております。いぼ痔を予防するためにはこれらの生活習慣を見直す必要があります。最近はいぼ痔であっても重症化していない場合は、セルフでできるセルフケアと生活習慣の見直しで改善しますので、病院に相談するのが恥ずかしいと言う方は後ほど紹介する方法を参考にしてみてください。

いぼ痔をセルフケアで治す方法について

いぼ痔を自宅でできるセルフケアについてご紹介していきたいと思います。

いぼ痔と言うと病院で手術を受けないと改善しないと思われている方が多いと思いますが、実はそんなことはなく「9割の痔は手術不要で治すことができる」のです。

いぼ痔と言っても外痔核と内痔核で若干治療法が異なりますが、基本的には同じになります。

いぼ痔をセルフケアで治す方法は「生活習慣の改善」「漢方薬」になります。

「え!そんなんでいぼ痔が治るの?」

と思われた方も多いと思いますが、いぼ痔は生活習慣病の一つでもありますので、まずは毎日の生活習慣を改善することが重要になってくるのです。

そして、漢方の力で血流を良くして便秘を改善することでいぼ痔は自然と回復していきます。

いぼ痔の原因は、上記でも言いましたが肛門周辺の静脈の流れが悪くなりうっ血することになります。

そのため、まずは生活習慣を改善するようにしましょう。

いぼ痔や切れ痔を素早く治すための生活習慣改善のための3つのポイント!

いぼ痔や切れ痔などの痔と切っても切り離すことができないのが「生活習慣」になります。

生活習慣が乱れることによってさまざまな病気を引き起こしますが、その中の一つが痔になります。

痔を改善したり、予防したり、あるいはいぼ痔や切れ痔を悪化させないためには正しい生活習慣を身につける必要があるのです。

ポイント1:排便と痔の関係についての注意

排便時に以下の点に注意することで、痔が改善したり悪化を防いだり、痔の予防対策になります。

便意は我慢しない!

例えばですが、「便意」を感じたときに我慢していませんか?

便意とは、便を出したい気持ちのことで、便が直腸まで届いて、直腸の壁にある圧受容体を圧迫し、それが脳に伝わって感じている症状になります。

この便意を我慢することで、便意を感じる圧受容体が鈍くなり、その結果便意を感じないようになってしまうのです。

すると「便秘」になってしまいますので要注意なのです。

これは絶対にしてはいけないことで、便意を感じたら我慢せずに排便することが大切になります。

長時間トイレに入って便を出し切ろうとしてはいけない!

長時間トイレに入って便を出し切ろうとする人も居ますがこれもNGです。

便意を感じてトイレに入ると、直腸まで便が来ているため最初のいきみでほとんどの便が出てしまいます。

そのため、残ったわずかな便を出し切ろうとしないようにしてください。

長時間便座に座るのは肛門に大きな負担をかけてしまい痔の原因になります。

そのため、排便時間は3分以内で済ませるようにして、長居して必要以上にいきまないようにしましょう。

排便後は肛門を清潔に保つ!

排便後は肛門を清潔に保つようにしてください。

肛門は便が出る時は広がり、便が出ない通常時は閉じています。

そのため、肛門周囲には皺(しわ)がたくさんあります。

排便後トイレットペーパーで肛門を拭くと思いますが、それだけでは皺の隙間に便のカスが残ってしまいます。

ですから、排便後は必ずウォシュレットなどで肛門を綺麗に洗浄し、清潔に保つようにしてください。

ただし、肛門を濡らした後はしっかりと乾燥させるようにしてください。

ポイント②食事と痔の関係についての注意

いぼ痔や切れ痔の改善や予防には食事も大切で、しっかりと栄養バランスの取れた食生活が重要になります。

食物繊維をしっかりと摂る!

食物繊維をしっかりと摂ることで快便になります。

食物繊維は腸内で水分を吸収して膨らみ、便の量を増やし柔らかくして腸の「蠕動(ぜんどう)運動」を高めてくれるのです。

ただし、下痢気味の方は消化の良い食事を摂るようにしてください。

朝食をしっかりと摂る!

朝食を摂ることで空の胃に食べ物が入り、眠っていた腸が動き出す「胃結腸反射」が起こります。

朝食をしっかりと摂ることで、眠っていた腸の活動が再開し、夜のうちに溜まっていた便を直腸へと送り出してくれます。

そして、その便が直腸を圧迫することによって便意が生じるきっかけとなります。

これは食べ物ではなくても、水や牛乳でも同じ効果がありますので、朝から食事を摂るのがつらいと言う場合は水や牛乳だけでも胃の中に入れてあげましょう。

水分補給をしっかりとする!

十分な水分を摂取するようにしてください。

ただし、アルコールは水分ではないので控えめにしてください。

アルコールや香辛料の摂取を控える!

アルコールの過剰摂取や、更新料の摂り過ぎは肛門を刺激したり、うっ血させる原因となり、痔を悪化させてしまいます。

そのためアルコールや香辛料は控えるようにしましょう。

ポイント③生活習慣と痔の関係についての注意

いぼ痔や切れ痔の改善や予防には日々の生活習慣が大切になります。

適度な運動をする!

適度な運動をすることで、腸の動きが活発になり排便をスムーズにしてくれます。

デスクワークの方や運転手の方は、長時間同じ姿勢で座っていることが多いため、肛門がうっ血しやすくなりますので注意が必要です。

1時間おきに立ち上がり、ストレッチや軽く散歩してみたりしましょう。

毎日入浴する!

お風呂には毎日入ると思いますが、シャワーだけで済ませる方も多いと思いますが、しっかりと毎日「入浴」するようにしてください。

体の冷えは血行不良の原因となり、下痢の原因にもなります。

いぼ痔や切れ痔を早く治すためには、入浴して体をしっかり温めましょう。

カイロでお尻を温める!

上記でも言いましたが、体の冷えは血行不良の原因になりますので、いぼ痔や切れ痔によくありません。

痛みがある時はカイロで肛門を温めてお尻に力を入れないようにすると痛みが和らぎます。

ただし、肛門が熱を持っているときは温めるのではなくよく絞った冷たいタオルなどで冷やすようにしてください。

痔の病院に行きたくない人はセルフケアで治すのがおすすめ!10の生活習慣の見直しが痔改善のキーポイント

痔はとても恥ずかしい肛門の病気で、かんたんに他人には相談できないので「痔の病院に行きたくない」のではないでしょうか? たとえ肛門科の医者であっても他人に変わりはないので、自分のお尻(肛門)を診られるの ...

続きを見る

以上がいぼ痔を治すために必要な生活習慣の改善方法になります。いぼ痔を治すためには、まずは上記で紹介しました生活習慣を改善することが大きなポイントとなります。そして、次に必要なのが血流促進や便秘解消になりますので、ここで漢方薬の力を活用するようにしましょう。いぼ痔はもちろん切れ痔などの痔にも効果を発揮してくれる漢方薬は以下になります。

漢方の力と生活習慣の改善でイボ痔は治る!

生活習慣の改善などのセルフケアだけでもいぼ痔や切れ痔を治すことはできますが、「漢方」の力をプラスすることでさらに痔が改善しやすくなりますし、改善までのスピードが早くなります。

漢方では、痔は滞ってしまった「血(けつ)」と言い、「瘀血(おけつ)」が肛門にある状態と言われています。

この瘀血ができる原因はさまざまではありますが、主に血行不良や便秘が原因になります。

そこで、血の流れをよくしてうっ血を取り除き、キズの治りを早めて腫れを抑える漢方を服用すれば、いぼ痔や切れ痔を治すことができるのです。

その漢方こそが、江戸時代の日本人医師が作った「乙字湯(おつじとう)」と呼ばれる漢方薬なのです。

乙字湯の効果は、血流をよくして痔の原因であるうっ血や炎症を防いでくれ、便の通りをよくして排便時の痛みや圧迫を和らげてくれます。

しかも、筋肉の緊張を高めて中の痔が出てこないようにもしてくれるのです。

いぼ痔や切れ痔に効く乙字湯とは?

いぼ痔や切れ痔の改善に効果的な乙字湯とは、6種類の生薬を配合した漢方薬になります。

配合されている生薬成分は、

  • 当帰(とうき)・・・血行促進
  • 柴胡(さいこ)・・・神経の高ぶりを安定させる
  • 黄芩(おうごん)・・・炎症を抑える
  • 甘草(かんぞう)・・・痛みを和らげる
  • 升麻(しょうま)・・・化膿を防ぎ毒素を排出
  • 大黄(だいおう)・・・便をやわらかくする

になります。

これら6つの生薬成分が一つになった乙字湯で、いぼ痔や切れ痔を素早く治すことができます。

いぼ痔や切れ痔を治すのに効果的な乙字湯


いぼ痔を治したい、切れ痔を治したい、だけど病院に行くのは恥ずかしい・・・デリケートなその悩みも、もう我慢しなくていいんです!

乙字湯は6種類の生薬を配合した漢方薬で、血流を改善し傷の治りを早め、うっ血を取り腫れを抑えてくれます。

いぼ痔や切れ痔の悩みを素早く解決してくれ、痔の予防対策としても効果的な漢方薬になります。

また、いぼ痔や切れ痔だけではなく、便秘解消や脱肛にも作用しますので、病院で恥ずかしい思いをすることなく痔の悩みが解消されます。

通常価格 7,960円
初回特別価格 3,960円(50%OFF)
送料 無料
定期コース 2回目以降も12%OFFの6,960円
製造 日本製
内容量 2箱(朝夕1日2包で32日分)
支払い方法 クレジット・後払い(コンビニ・銀行・郵便局)

乙字湯や生活習慣の改善では治らないいぼ痔「内痔核」もある!?

ほとんどののいぼ痔は乙字湯と生活習慣の改善で治りますが、内痔核の場合だけ症状によっては改善しない場合があります。

上記で内痔核には症状に段階があると解説しましたが、第3段階と第4段階の場合で脱肛が自然に戻らなくなったり、常に脱肛している状態の場合は手術が必要になる場合があります。

このようにいぼ痔(内痔核)が重症化している場合は、一刻も早く肛門科などの病院で診察を受けるようにしましょう。

ちなみにですが、肛門科では「硬化療法(注射療法)・レーザー療法・結っさつ療法(輪ゴム結っさつ法)・ジオン(消痔霊治療)・ICG併用半導体レーザー療法・半閉鎖法・PPH法」などの手術の種類があり、どの手術方法でいぼ痔の治療を行うのかは病院や担当医師、または症状によって異なります。

いぼ痔の手術法は一つではない!?いぼ痔の治療法を徹底解説

いぼ痔は非常に恥ずかしい肛門の病気で、放置していると大変なことになってしまう場合があります。 いぼ痔には「内痔核」と「外痔核」があり、文字通り内痔核は肛門の中にできるいぼ痔で外痔核は肛門の外にできるい ...

続きを見る

まとめ

いぼ痔の原因や症状、セルフケアで治す方法は以上になります。

いぼ痔と言えば、病院での手術でしか改善しないと思われがちですが、実は9割以上のいぼ痔はセルフケアで改善することができます。

ただし、いぼ痔は再発の可能性がある病気になりますので、改善後も生活習慣には注意するようにしてください。

いぼ痔は恥ずかしいから病院に相談したくないと言う方は、是非お試しください。

つらい「いぼ痔」の治し方と再発しない為の予防対策を徹底解説

現代社会では人口1,000人あたりにつき「女性の6.5人が痔」に悩まされていると言われています。 中でも特に多いのが「いぼ痔」に悩まれている方で、 「診察を受けるのが恥ずかしい・・・」 「病院に行くと ...

続きを見る







-痔の予防対策, 痔の原因, 痔の基礎知識, 痔の治し方
-, , , , , , , ,

Copyright© いぼ痔の治し方と予防対策navi , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.